顎関節症

顎が痛い・パキっと音がする・口が開かない

歯が痛い時には虫歯が進行している顎関節症とは、口を動かした時に顎が痛む、口を大きく開けにくい、顎からカクカクという音が鳴るなどに代表される症状の総称です。顎の関節だけでなく、多くの場合は肩こりや頭痛、睡眠障害などの不定愁訴もともないます。

このような症状はありませんか?

主な症状
  • 口を動かすと顎が痛む
  • 口が大きく開かない
  • 顎を動かすとカクカクと異音がする
  • 顎のまわりに違和感がある
  • ものを噛んだ時、痛みがある
  • 食事をした後、顎がだるくなる
顎関節以外の不定愁訴
  • 肩こり、頭痛、腰痛などの全身のトラブル
  • めまい・耳鳴り、難聴
  • 目の疲れ、充血
  • 歯の痛み
  • 味覚異常
  • ドライマウス
  • 手足のしびれ

顎関節症を放置するとどうなるの?自然に治る?

なぜ虫歯になるの?「顎関節症は自然治癒することも多い病気ですが、中にはいっこうに症状が改善されず、長い期間、症状に悩まされる方もおられますので、自己判断せずに、ご相談ください。

顎関節症の治療法

顎関節症の治療方法は様々ですが、噛み合わせを改善し、顎に過度な負担がかからないようにすることが治療の中心となります。顎への過度な負担を軽減する方法として、次のようなものがあります。

矯正歯科治療

矯正歯科治療を行って噛み合わせの改善をはかります。

被せ物の調整

被せ物の高さの調整などを行って良好な噛み合わせを得ます。

必要最小限だけ歯を削る

噛み合わせを改善するために、問題のない範囲で歯を削る場合があります。

入れ歯の調整・作り直し

使用中の入れ歯に問題があって噛み合わせが乱れている場合、入れ歯の調整・作り直しにより改善をはかります。

自分でできる顎関節症対策

良い睡眠をとる

ストレスと上手く付き合うことで、顎への過度な負担が軽減できる場合がありますので、できるだけ良い睡眠をとってリラックスすることを心がけましょう。

歯ぎしりを押さえる

睡眠中にナイドガードを使用して、歯ぎしりを押さえることで顎関節症の症状の緩和をはかります。

顎関節症Q&A

顎関節症の主な症状は?

口を動かした時に顎が痛む、口を大きく開けにくい、顎からカクカクという異音が鳴るというのが主な症状で、顎関節症の3大症状とされています。

顎関節症を治すことはできますか?

患者様の状態にもよりますが、歯科医院で適切な検査・治療を受ければ、多くの場合は良い方向に向かわすことができるとされています。

どういう場合、顎関節症なのでしょうか?

顎関節症の3大症状のうち1つ以上に該当し、さらに同様の症状が現れることがある他の病気と区別される場合、顎関節症と診断されます。

一番上に戻る
TEL.06-6155-8073TEL.06-6155-807324時間WEB予約24時間WEB予約

〒564‐0082 大阪府吹田市片山町1-1 メロード吹田1番館102

TEL.06-6155-8073

24時間WEB予約

9:30~13:30
15:00~19:30

休診日:日曜・祝日
▲:木曜午後は訪問診療、★:土曜午後は14:30~17:30
※診療受付は、診療終了の30分前まで

  • JR吹田駅北口目の前
  • メロード吹田地下駐車場・駐輪場と提携400台
  • 阪急バス・JR吹田駅北口下車目の前

連携医院