入れ歯

入れ歯(義歯)でこんなお悩みはありませんか?

入れ歯(義歯)でこんなお悩みはありませんか?

  • ものがしっかりと噛めない
  • 装着時に痛みがある
  • 発音しにくい場合がある
  • 現在使用中の入れ歯が合っていない気がする
  • 入れ歯を使っていることをまわりの人に知られたくない
  • 保険の入れ歯に不満がある
  • 目立ちにくい入れ歯がほしい

このような入れ歯のお悩みは、吹田市のいいとう歯科クリニックまでご相談ください。

痛みがある・噛みにくい・喋りづらい場合は

現在、入れ歯をご使用中で“痛み”“噛みにくさ”“発音しづらさ”などの違和感でお困りでしたら、お気軽に当院へご相談ください。こうした違和感を解消するためには、その方のお口にぴったりと合う入れ歯を作製するとともに、そうして完成した入れ歯を快適に使い続けるための定期メンテナンスも欠かせません。
お口の中の状態というのは日々変化していて、それに合わせて入れ歯の方も調整する必要があり、そうしたケア・メンテナンスにより快適に入れ歯をお使いいただくことが可能になるのです。

自分に合ういい入れ歯の見分け方

いい入れ歯について

その方のお口にフィットする入れ歯

自分に合ういい入れ歯の見分け方 患者様のお口の状態、また患者様からのご要望や装着感などを詳しくお聞きして、その方のお口にフィットする入れ歯を作ることが大事です。
ぴったり合った入れ歯でないとものがしっかり噛めないだけでなく、肩こりや頭痛などの不定愁訴の原因となる場合があり、お口だけでなく全身にも悪影響をおよぼしてしまうことがあるのです。

噛み合わせのことをよく考えた入れ歯

しっかりとものを噛むために入れ歯を装着するわけですから、お食事の際のフィット感も重要となります。通常のフィット感だけでなく、ものを噛んだ時の噛み合わせのこともよく考えられた入れ歯こそが“良い入れ歯”と言えます。

見た目も美しい入れ歯

しっかりとものが噛めることも大事ですが、見た目が気になってあまり積極的に使用できないということでは、本末転倒です。そのため保険・自費にかかわらず、審美性にもこだわって入れ歯を作製することが重要となります。

合わない・悪い入れ歯について

ものがしっかりと噛めない

その方のお口にぴったり合うように作製されていないと、入れ歯を装着してもものがしっかり噛めない場合があります。こうしたことがないように、当院では精度の高い検査、精密な印象採得、歯科技工士との連携により質の高い入れ歯のご提供に努めています。

装着時に違和感がある

精密に入れ歯が作製されていない場合、装着時に痛みや発音しづらさなどの違和感が生じることがあります。

ズレる・すぐに外れる

入れ歯がズレたり、すぐに外れたりする場合、入れ歯がお口に遭っていない可能性が高いので、一度当院へご相談いただき調整されることをおすすめします。

当院で取り扱う入れ歯の種類

保険の入れ歯

保険の入れ歯保険適用なので費用が抑えられますが、自費の入れ歯と比べて痛み・噛みにくさ・発音しづらさなどの違和感が生じやすいと言えます。また部分入れ歯の場合、クラスプと呼ばれる金属固定具が目立ち、口元の審美性を損なう恐れがあります。

若い方にもおすすめの目立たない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」

若い方にもおすすめの目立たない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」 虫歯や歯周病といった歯を失うことに繋がる病気以外にも、事故や怪我などで若い世代でも歯を失ってしまうことがあります。そうした若年代の方は特に入れ歯の見た目に対して強い抵抗感を持つかと思われますが、当院ではクラスプがないので入れ歯が目立ちにくい“ノンクラスプデンチャー”をご用意しておりますので、こちらであれば若い方でも安心してお使いいただけます。

金属床の入れ歯

金属床の入れ歯床部分に金属を使用した入れ歯で、強度が高く、入れ歯を薄く作製することができます。入れ歯が薄いと当然違和感は抑えられ、さらに金属の使用により熱伝導率が高くなりますので、食べ物の温度差が自然に感じられるようになります。

保険の入れ歯・保険外(自費)の入れ歯の違い

保険の入れ歯・保険外(自費)の入れ歯の違い入れ歯には保険または自費のものをお選びいただけますが、性能の高さや快適さ、見た目の美しさなどにこだわるなら自費の入れ歯がおすすめです。一方、保険の入れ歯の場合、装着時の違和感や審美性の低さなどが問題として挙げられますが、保険適用ですので費用を抑えて入れ歯を作ることができます。

保険の入れ歯は噛めないの?

「保険の入れ歯では、ものはしっかり噛めない」とは限りません。自費の入れ歯と比べると、どうしても性能は劣りますが、丁寧に作製すれば保険の入れ歯でもしっかりとものを噛むことは可能です。
当院では保険の入れ歯であっても精度の高いのものご提供に努めておりますので「まずは保険の入れ歯から」という方もお気軽にご相談ください。

入れ歯のお手入れについて

せっかくお作りになられた入れ歯を長く快適にお使いいただくために、入れ歯のお手入れ方法についてご説明いたします。

入れ歯をブラッシングするときのポイント

入れ歯をブラッシングするときのポイント 入れ歯を磨く時は装着したままではなく、入れ歯を外してから細部まで丁寧に磨くようにしましょう。あまり強く磨くと入れ歯が傷つく恐れがありますので、ご自身の歯と同じように優しく磨きましょう。

お口・残っている自分の歯のブラッシングのポイント

部分入れ歯の場合、クラスプを掛けている歯に特に汚れが溜まりやすくなりますので、念入りに磨くようにしましょう。またご家庭でケアするとともに、定期的に歯科医院へお越しになられてメンテナンスを受けられるようにしましょう。

入れ歯が汚れたままだとこんなことが起こります

入れ歯のケアを怠ると、入れ歯の隙間に歯垢(プラーク)などの汚れが溜まって虫歯・歯周病になってしまう場合があります。またお口の中が清潔な状態に保たれていないと、歯茎が後退して入れ歯が合わなくなってしまうことがあります。
その他、義歯性口内炎、口臭、入れ歯の変色などを引き起こすことがありますので、毎日きちんと入れ歯はお手入れするようにしてください。

入れ歯の費用

消費税別で表記しています。

部分入れ歯

ノンクラスプデンチャー  

総入れ歯

金属床  
インプラントオーバーデンチャー  
一番上に戻る
TEL.06-6155-8073TEL.06-6155-807324時間WEB予約24時間WEB予約

〒564‐0082 大阪府吹田市片山町1-1 メロード吹田1番館102

TEL.06-6155-8073

24時間WEB予約

9:30~13:30
15:00~19:30

休診日:日曜・祝日
▲:木曜午後は訪問診療、★:土曜午後は14:30~17:30
※診療受付は、診療終了の30分前まで

  • JR吹田駅北口目の前
  • メロード吹田地下駐車場・駐輪場と提携400台
  • 阪急バス・JR吹田駅北口下車目の前

連携医院