矯正歯科

当院では矯正無料相談を行っています

矯正治療には期間が必要で、また他の歯科治療よりも費用が高額になります。そうした治療だからこそ、当院では患者様に納得して治療を受けていただきたいと考えております。
矯正治療の無料相談を実施しておりますので、お気軽に歯並びのお悩みをご相談ください。治療内容、治療期間や費用の目安などを詳しくお話しいたします。

当院では矯正無料相談を行っています

歯並びセルフチェック~このような方はご相談ください~

歯並びセルフチェック~このような方はご相談ください~

  • 左右で顔のバランスが違う
  • 上下で歯の中心がズレている
  • 口を左右に広げた時、上下の歯の間に隙間ができる
  • 口がきちんと閉じられない
  • 口を動かすと顎から異音がする
  • 前歯が前方へ突出している
  • 下顎が前方へ突出している
  • 下顎が上顎よりも後ろにある
  • ものを噛むと痛みを感じる
  • 口元全体が前方へ突出している

このような方は、吹田市のいいとう歯科クリニックまでご相談ください。

当院で取り扱う矯正装置の種類

表側矯正(ワイヤー矯正・ブラケット矯正)

表側矯正(ワイヤー矯正・ブラケット矯正)歯の表面に装着する矯正装置で、矯正治療では最も一般的な装置となります。

目立たない装置の装着も可能です

目立たない装置の装着も可能です歯の色に近い白・透明なブラケットを使用することで、矯正装置が目立つのを防ぎます。

舌側矯正(歯の裏側に矯正装置をつける方法)

当院では矯正無料相談を行っています歯の裏側に装着する矯正装置で、歯列に隠れるので目立つ心配がありません。

ハーフリンガル(上の歯のみ裏側に矯正装置)

目立ちやすい上顎の歯列のみ、裏側に矯正装置を装着させる方法です。舌側矯正よりも費用を抑えて装置を目立たなくすることができます。

マウスピース矯正(Smile TRU)

マウスピース矯正(Smile TRU)透明で目立ちにくいマウスピースを使って歯並びを整える方法です。当院では“Smile TRU”を採用しております。
マウスピース矯正について詳しくは「マウスピース矯正(Smile TRU)」のページをご覧ください。

矯正治療中のブラッシングについて

矯正治療中はお口に装置を装着することになりますので、装置の隙間に汚れが溜まるなど、特にお口の中を清潔な状態に保つのが難しくなりますので、通常よりも念入りなケアが必要です。矯正治療中、ブラッシングする際は歯全体だけでなく、矯正装置の隙間も意識して磨くようにしましょう。

歯間ブラシ・デンタルフロス・毛先の小さい歯ブラシの使用

矯正装置の隙間に溜まった汚れを落とすために、毛先の小さな歯ブラシを選んでケアするようにしましょう。また歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどの清掃補助道具も上手に活用して、矯正治療中のお口を清潔な状態に保つようにしましょう。

子どもの矯正(小児矯正)について

子どもの矯正(小児矯正)について6~12歳前後の期間のお子様を対象とした矯正治療を小児矯正と言います。顎の骨がまだ成長過程にあることを利用して、歯がきれいに並ぶためのスペースを作ることが治療の大きな目的となります。
こうした治療はお子様のうちにしか行えないものですので、タイミングを逃さないためにも、歯並びが気になるようでしたらお早めにご相談ください。

床矯正装置について

床矯正装置について小児矯正で使用する装置に“床矯正”があります。これは主に乳歯と永久歯が混在した時期に使用する装置で、顎を拡大させることで抜歯を回避して歯並びをきれいに整えます。
ただし、床矯正だけで歯並びが改善できるとは限らず、必要に応じてブラケット装置を使用いたします。

急速拡大装置について

急速拡大装置について急速拡大装置とは、上顎の歯列を横方向に広げるための固定式の装置です。中央に取り付けられたネジを調整することで、強い力を歯列に加えて歯がきれいに並ぶための環境を作り上げます。治療期間の目安は1~3ヶ月程度です。

子供の歯の矯正は早い方が良い?

小児矯正は適切なタイミングで始めることで、良好な結果が得られやすく、2期治療の期間を短くすることが可能になります。ただし、お子様によってベストなタイミングは異なりますので、ご相談自体は早めがおすすめです。早期のご相談により事前に治療計画を立て、タイミングを逃さずに治療が開始できるようになります。

子供の歯の矯正は早い方が良い?

幼少期から始める1期治療のメリット&デメリット

メリット
  • 2期治療の期間短縮に繋がりやすい
  • 成人矯正が不要になることがある
  • 顎を正しく成長させることができる
  • 口腔習癖を改善して、歯並びの乱れが予防できる場合がある
デメリット
  • 治療期間が長くなる傾向にある
  • 固定式の装置を装着する場合、虫歯リスクが高まる
  • お子様の協力が必要

子供の歯を矯正したいけど費用が…という方へ

矯正治療は医療費控除の対象に

矯正治療は医療費控除の対象に矯正治療は基本的に保険適用外なので、どうしても費用が高額になります。そのため、費用面がネックでお子様への矯正治療をためらわれる方も多いでしょう。ですが、矯正治療は医療費控除の対象になることをご存知でしょうか?

医療費控除とは?

医療費控除とは、1年間に支払った治療費が10万円以上だった場合、一定金額の控除が受けられるという制度です。すべての矯正治療がこの控除の対象となるわけではありませんが、内容によっては控除を受けることが可能で、それにより治療費の負担を軽減させることができるようになります。

矯正治療の費用以上の価値

仮に医療費控除の対象となら子供に矯正治療を受けさせるのない場合でも、お子様の矯正治療は“費用以上の価値がある”と考えることができます。きれいで良好な歯並びはその子のコンプレックスの解消に繋がるといった見た目の問題だけでなく、成長過程にあるお子様のお体の健康にも繋がるものです。良好な歯並びにより、正しくものが噛めるようになることで、健全な成長発育に繋がるのです。

そうしたことを考えた場合、どうしても高額な費用となる矯正治療を受けさせてあげることは、お子様の将来に対して有効な投資でもあるのです。費用につきましては、事前にきちんとお伝えさせていただきますので、まずは無料相談をご利用になられて小児矯正を検討されてみてはいかがでしょうか?

欧米では子供の矯正治療は当たり前

歯科先進国である欧米では、子供に矯正治療を受けさせることはごく当たり前という認識です。日本と比べて欧米では歯並びが重視される傾向が強く、親の責任により矯正治療を受けさせてあげるべきだという考え方が浸透しています。
「子供に矯正治療を受けさせるのはかわいそう」とお考えの方もおられるかもしれませんが、国・地域が変わればこれくらい矯正治療に対する考え方が異なるということを知り、矯正治療に対するネガティブなイメージを払しょくされてみてはいかがでしょうか?

矯正治療の費用を抑えるために

矯正治療は医療費控除の対象にそれでもどうしても費用面が気になるということでしたら、比較的費用が抑えられる矯正装置をお選びになるなど、費用を抑える方法があります。当院でも患者様の様々なご要望に沿えるように各種装置をご用意しておりますので、遠慮なさらずに費用面のことをご相談ください。
その方の状況に合わせて最適な治療プランをご提案させていただきます。

2期治療が必要になった場合、1期治療分の費用を差し引きます

小児矯正は1期治療と2期治療に分かれますが。これは2回分の矯正治療費が必要になるというわけではなく、1期治療後、2期治療が必要になった場合には1期治療分の費用は差し引かれますので、“2回分の費用が必要”というわけではないのです。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください当院では矯正治療の無料相談を実施しておりますので、お子様の矯正治療をご検討中の親御様はお気軽にご連絡ください。費用のことについてもお気軽にご相談いただけて、事前にどのくらいの費用がかかるのか目安をお伝えいたします。ご相談の結果「やっぱりもう少し考えます」ということでもかまいませんので、まずは無料相談で矯正治療について知識を深められてみてはいかがでしょうか?
その後、ゆっくりとお子様に矯正治療を受けさせてあげるかどうかお考えください。

矯正治療の費用

消費税別で表記しています。

ワイヤー矯正(上顎のみ) 300,000円
ワイヤー矯正(上下顎) 600,000円
マウスピース矯正 280,000円
一番上に戻る
TEL.06-6155-8073TEL.06-6155-807324時間WEB予約24時間WEB予約

〒564‐0082 大阪府吹田市片山町1-1 メロード吹田1番館102

TEL.06-6155-8073

24時間WEB予約

9:30~13:30
15:00~19:30

休診日:日曜・祝日
▲:木曜午後は訪問診療、★:土曜午後は14:30~17:30
※診療受付は、診療終了の30分前まで

  • JR吹田駅北口目の前
  • メロード吹田地下駐車場・駐輪場と提携400台
  • 阪急バス・JR吹田駅北口下車目の前

連携医院