コラム|吹田市の歯科・歯医者|いいとう歯科クリニック

  • 吹田市・いいとう歯科クリニック・電話
  • 吹田市・いいとう歯科クリニック・メニュー

親知らずを抜歯するなら早い方がいい?

皆さんこんにちは。いいとう歯科クリニックです。

親知らずというと、誰しもいつかは抜歯しなければならない、というイメージが強いかと思います。

それなら「できるだけ早い時期に抜いた方が良いのでは?」と考える方も珍しくありませんが、必ずしもそれは正しいことではないといえます。

なぜなら、抜歯をしなくても良い親知らずもあるからです。

そもそもなぜ抜歯が必要なの?

確かに、親知らずというのはその他の歯と比べると、抜歯をするケースが非常に多いといえます。

普通の歯であれば、むし歯治療や根管治療を行って、どうしても保存できないと判断されたケースに限って抜歯をしますよね。

一方、親知らずで根管治療まで行うケースは決して多くはありません。

これは親知らずが清掃性の悪い歯であり、時間をかけて治療しても、むし歯が再発するリスクが高くなっているからです。

また、生え方が正常ではない場合、周囲の歯や歯周組織に悪影響を及ぼすことが多い点も関係しています。

抜歯しなくていい親知らずとは?

抜歯をする必要がない親知らずは、真っすぐ正常に生えていて、周りの歯や組織に悪影響を及ぼす心配がないケースです。

また、親知らず自身が重度のむし歯や歯周病にかかっていないことも重要です。

そうした親知らずは、かけがえのない天然歯の1つとして、いろいろな活用法が存在しています。

早く抜いた方が良い親知らずとは?

今現在、重度のむし歯や歯周病にかかっていたり、隣の歯を圧迫していたりする親知らずは、出来るだけ早い時期に抜いた方が良いといえます。

また、将来的に大きなトラブルを引き起こすことがわかっている親知らずも、早い時期に抜歯することが望ましいことがあります。

まとめ

このように、親知らずは抜歯が必要なケースとそうでないケースがありますので、まずはしっかりとした診察を受けることが大切です。

その上で、抜歯が必要かどうかを判断いたしますので、親知らずが気になっている方は、当院までお気軽にご相談ください。

当院には歯科口腔外科もあり、親知らずの診療には自信がございます。