コラム|吹田市の歯科・歯医者|いいとう歯科クリニック

  • 吹田市・いいとう歯科クリニック・電話
  • 吹田市・いいとう歯科クリニック・メニュー

子どものむし歯を放置してはいけない3つの理由

お子さまの体は、発育途中にあるため、毎日いろいろな変化が現れますよね。

オーラルケアを怠っていると、いつのまにかむし歯ができていたということも珍しくはないかと思います。

そこで「どうせ永久歯に生え変わる歯だから」と放置してしまうことは非常に危険です。今回はその理由について、3つほどご紹介します。

乳歯は永久歯よりも弱い?

お子さまの歯である乳歯は、大人の歯である永久歯よりも弱い傾向にあります。

それは酸に対する抵抗力が低い、という意味です。

そのため、むし歯菌に感染してしまうと、永久歯よりも簡単に歯を溶かされてしまうのです。

乳歯のむし歯は進行が早い

子どもの歯は、一度むし歯にかかると、あっという間に進行していきます。

これは乳歯を構成しているエナメル質と象牙質の厚みが、永久歯の半分くらいしかないためです。

歯質が半分の厚みしかないのですから、むし歯菌が歯の神経にまで到達する時間も短くなります。

その結果、乳歯のむし歯が重症化したり、本来よりも早い時期に抜け落ちてしまったりするのです。

すると、次に生えてくる永久歯にもいろいろな悪影響を及ぼしてしまいます。

永久歯に悪影響が及ぶ

永久歯は、乳歯のすぐ下に存在していますので、乳歯が重度のむし歯にかかると、それが永久歯に広がることがあります。

また、乳歯が早期に脱落してしまった場合は、永久歯が正常に生えて来なくなってしまったり、生えてくるためのスペースが奪われたりするのです。

これらは永久歯列全体に及ぶ悪影響なので、できる限り回避することが望ましいといえます。

まとめ

このように、子どものむし歯を放置すると永久歯にまで悪影響が及びますので、発見次第すぐに治療を受けることをおすすめします。

もちろん、ベストはむし歯を予防することですので、ぜひ当院の予防処置をお受けください。

フッ素塗布やシーラントなど、各種予防処置を実施しております。

歯並びのご相談も承っております。