コラム|吹田市の歯科・歯医者|いいとう歯科クリニック

  • 吹田市・いいとう歯科クリニック・電話
  • 吹田市・いいとう歯科クリニック・メニュー

可能な限り痛くない、削らない「むし歯治療」

皆さんこんにちは。いいとう歯科クリニックです。

むし歯治療に伴う痛みや不快感が歯医者嫌いの原因になっている人は少なくないかと思います。

歯を削られる感覚は、日常生活では経験することのないものなので、苦手とされている方が多いのも頷けます。

けれども、それが原因でむし歯を放置してしまうようなことがあると、大切な歯を失うことにもなりかねません。

そこで当院では、可能な限り痛みを軽減したむし歯治療を実践しております。

表面麻酔を活用

むし歯が象牙質にまで到達していると、ドリルで歯を削る際に痛みが生じてしまいますので、事前に局所麻酔を施します。

ただ、この麻酔注射の痛みもそれなりに不快なものなので、必要に応じて表面麻酔を施すようにしております。

表面麻酔は、ジェル状の薬剤を歯茎に塗布することで感覚を麻痺させ、麻酔針による痛みを軽減するものです。

細い注射針や細い切削バーを使用

注射に用いる針や切削で使用するバーは、可能な限り細いものを選択します。

注射を刺すにしても、歯を削るにしても、その径が細ければ細いほど、施術に伴う痛みは小さくなるからです。

可能な限り削らない

天然の歯質は、一度削ってしまうと再生することがありません。

それだけに当院では、むし歯治療で削る量を最小限に抑えるよう努力しています。

また、ドリルで削る量を抑えることで、切削に伴う不快な振動や音なども最小限に減らすことが可能となります。

その結果、患者さまが快適にむし歯治療を受けられるようになります。

同時に、患者さまの大切な歯質を少しでも多く保存することにもつながります。

まとめ

このように、可能な限り痛みを排除し、歯を削る量を抑えたむし歯治療には、たくさんのメリットがあります。

とくに、歯医者嫌いでなかなか歯科を受診する気が起こらないという方は、一度当院までご相談ください。

患者さまが抱えているお悩みや不安などをお聞きした上で、最良といえるむし歯治療をご提案いたします。

むし歯で歯を失った場合の補綴治療も承っております。